読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西荻窪ではたらく社長のブログ

「日本一、人を幸せにする会社を創る。」 浜商不動産代表取締役 小浜大忠のブログです。

新決算期について

1.新決算期について

8月から新しい決算期がスタートしました。毎年この時期は「現状における解決すべき課題は何か?」、「より良いサービスをするにはどうすればいいか?」、「社内の仕組みをどう変えていくべきか?」など考えてばかりいて、毎日夢にも出てきます。これからの変化の時代を考えるとやるべきことは山積みです。Airbnbに代表される民泊サービスは来年の法改正が予定されていますし、人工知能による仲介サービス代行も主流になってくるかもしれません。日々変化していく不動産業界の中で、さらに成長していくためには、これまでの成功に満足することなくさらなる進化をしなければいけません。ご愛顧いただいているオーナー様のためにも「西荻オーナーに最高の価値を届ける。」というビジョンを全社一丸となって共有し、最前線でのサービスをより良くしていきます。

2.過去最高の来店数について

前期はおかげさまで年間1394組のお客様にご来店いただくことができました。もちろん過去最高の実績で、1ヶ月平均にすると120組ちかくになります。アンケート集計をしたところ、来店増の要因は「紹介とリピーター」の方が圧倒的に多いことが分かりました。これまでのサービスで信頼を積み重ねできたこと、西荻ショップとの提携活動が少しずつ形になってきたことが心から嬉しいです。浜商不動産のルームアドバイザーが大切にしているのは「西荻に住みたい方に最高の価値を届ける」という信念です。一般的にあまりイメージの良くない不動産営業マンと比較すると、当社のルームアドバイザーは圧倒的にお部屋探しの方の立場になってサービスをしています。この社内文化が西荻エリアNo.1の来店数に結びついているので、今後もより満足いただけるサービスを日々追求していきます。

3.新デザイン看板について

お気付きになった方もいらっしゃるかもしれませんが、西荻窪駅1番線の駅ホーム看板のデザインをにしぞうバージョンに一新しました。最近では浜商不動産にご来店されるほとんどのお客様がにしぞうのことをすでに知っており、人気も日増しに大きくなっていることを実感しています。新デザインのコンセプトは「素敵な西荻ライフ」です。西荻に住みたいと思っている方、すでに西荻に住んでいる方が、すこし幸せな気持ちになってもらえると嬉しいです。

残業ゼロに向けて

f:id:obamah:20160729173225p:plain

1.残業ゼロに向けて

今月から社内で残業時間ランキングを発表することにしました。

目的は3つです。

①残業ゼロを本気で実現する。
②生産性(売上/時間)を最大化する。
③プライベート時間を楽しむ。

時間もお金もやりがいも、日本一の会社を目指します!

2.残業ゼロに向けて考えていること

①残業時間が多い人を怒るつもりはありません。(残業したくてしてる人はいないと思うので。)
②ただ、「18時までに仕事を終わらす!」という緊張感があったほうが、より良い仕事ができると思います。(メリハリによる生産性最大化の法則)
③また、「18時から楽しみな予定がある!」というワクワク感があったほうが、より良い人生になると思います。(仕事とプライベート時間の幸せにつながる。)

理想は、
・17時には一日の仕事が終わり、
・余った1時間で振り返りとカイゼンする時間に充て、
・全メンバーが18時にほとんど疲れていない状態
が良いですね。

数値化・見える化・シンプル化して、毎月計測していけば必ずより良くなるので、全メンバーで「残業ゼロ」を目指します!

3.残業ゼロのための残業面談について

残業ゼロ+メンバーの課題解決(残業する=仕事の悩み、困っていることがある)を実現するため、上司から残業面談をやるルールを始めました。

■残業面談の流れ
①メンバー声掛け
②下記3点のヒアリング
・仕事で困っていることはないか?
・なにか手伝えることはないか?
・来月は残業が減りそうか?
③翌月にカイゼンできたかを確認

もちろん残業ゼロよりもお客様サービスのほうが重要です。突発的なトラブルや顧客対応のケースは、そちらを優先します。ただし、そもそもの「突発的なトラブルを防ぐ仕組みづくり」をつくることで、お客様サービスもよりカイゼンしていくと思います。

個人的に「データ集計してカイゼンする」というプロセスが好きなので、これからが楽しみです。自分自身も「残業ゼロ」と「結果(顧客サービス・決算業績)」を両立できるように日々成長していきます。

これからの3年間で目指す会社づくり

f:id:obamah:20160703174705p:plain

f:id:obamah:20160703174458p:plain

f:id:obamah:20160703174537p:plain

社内の話にはなりますが、メンバーとその家族の幸せを実現するために「平均年収600万、残業ゼロ、年休40日」を3年後のビジョンとして掲げました。お客様へのサービスの質を高めながら実現しなければならないので、決して容易ではありません。

ただし、サービス業をという性質上、サービスの提供者であるメンバー自身が幸せでないと、継続的に良いサービスがお客様に届けられないと考えています。

実現するには、会社の仕組みづくりとともに個々のメンバーのレベルアップと資格取得が必要です。リッツカールトン、キーエンス、未来工業、三井不動産などいくつかの優良企業の人事制度を参考にしながら、ひとりひとりが成長できる仕組みを創っていきます。また、そのためにも自分自身が誰よりも成長し続ける気持ちを持って、毎日仕事に取り組んでいきます。

 

 

メンバーの資格取得について

1.メンバーの資格取得について

浜商不動産では、全社レベルでのスキルアップに向け資格取得を推進しています。6月はFP2級、ボールペン字、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、など計5名が資格取得をすることができました。一般的に不動産業界の中では「資格がなくてもなんとかなる、だから勉強はしなくていい。」という悪しき慣習があるように思います。そのため、世の中の不動産営業マンの多くは宅建を持っていないという残念な状況になっています。当社では、全メンバーがプロフェッショナルな不動産コンサルタントになるべく、今年は社内で宅建模試を全6回実施する予定です。「全員合格!」を合言葉に一丸となってレベルアップしていきます。また、宅建資格者も新たな資格、スキル、知識を身に付けるべく日々成長していきたいと思います。

2.西荻の空室数について

大手ポータルサイトのSUUMOで調べると、西荻窪駅の募集中の空室は「10,349件」もあります。さらに条件を絞り込んで「西荻窪駅 徒歩10分以内 バストイレ別 室内洗濯機」としても「1,369件」あります。私たちが望む望まないに関らず、いまはインターネットでお部屋探しをする時代です。その中で選ばれるためには、物件の差別化をする必要があります。差別化するには、内見セットを準備して見栄えを良くする、キレイな写真を取る、募集条件を変える(礼金0、賃料ダウン)、デザインリフォームをする、など様々な施策を同時並行で進めていく必要があります。まず、現状の反響状況や競合物件の情報など、少しでも現場の生の声がシェアできるよう、オーナー様への報連相を徹底していきます。

3.デザインリフォームについて

今年に入り、リノベーションやデザインリフォームをされるオーナー様がとても増えてきました。背景としては、「どの物件も同じ内装なのでどれを選べばいいか分からない。」というお部屋探しのお客様の声が大きくなってきたことです。西荻に限らず、ほとんどの賃貸物件は、通常の壁紙クロスとフローリングです。それをアクセントクロスとフロアタイル(またはクッションフロア)に変えるだけで他物件と差別化でき、特にインターネット上での見栄えが劇的に変わります。しかも、通常のリフォームとデザインリフォームとでは、リフォーム費用はあまり変わりません。「いつものリフォーム」で決まらなくなってきた時代なので、ぜひ浜商不動産のデザインリフォームをお試しください!

社長就任5年目について

1.社長就任5年目について

時が経つのも早いもので、先代が他界してから5年が経ちました。振り返ると本当にあっという間でした。この5年間で特に意識していたことは、むやみに規模を大きくせず、サービスの質を少しずつ高めることです。そのために、まず空室率を業界エリア平均18%に対し、5%以下にすることに注力してきました。自社HP、ポータルサイト、SNSのWEBマーケティングはもちろん、物件図面や店頭レイアウトにもこだわることで来店数を高め、かつオーナー様への訪問数を増やしていくことで、より良いコミュニケーションやご提案ができるよう努力しています。

2.西荻に住みたい方に、最高の価値を届ける。

浜商不動産ルームアドバイザーの基本方針です。より多くのお部屋探しのお客様にご来店いただき、良い接客サービスを実現するためにいくつからの取り組みをしています。1つ目は、毎日店頭図面/インターネットでの掲載を更新することです。情報鮮度はお客様にとって信頼のパロメータになるので、必ず毎日やるようにしています。2つ目は、ご来店前の準備を徹底することです。自社物件だけでなく他社物件を含めた西荻の全ての物件を全メンバーがチェックし、常に最新の物件をご紹介できるよう準備しております。また、ご内見いただく物件がすでに決まっている場合には、前日までにあらかじめ下見をした上で接客をすることで、より丁寧なサービスをしています。

3.オーナー様に最高の価値を届ける。

「オーナー様に最高の価値を届ける。」ために、「オーナー様の収益を最大化すること」と「オーナー様のお悩み、お困りごとをすべて解決すること」が実現できるサービスを提供していきたいと考えています。そのために、まず空室を成約させるためのご提案、ご訪問を増やすこと、ご提案前に社内でロールプレイングを行うこと、社内で空室対策会議を毎週実施することの3つをやっていきます。また従来の賃貸管理だけでなく、不動産資産の購入や売却のキャッシュフロー提案を全コンサルメンバーができるよう、資格取得とサービスの仕組みづくりを進めていきます。やることは山積みですが、一歩ずつ成長できればと思っています。

 

創業42年目について

1.創業42年目について

おかげさまで4月1日をもって、創業42年を迎えることができました。これもひとえに皆様のご愛顧の賜物と社員一同心より感謝申し上げます。先日、会社の倉庫を整理した際に創業当初の決算書や定款、創業当時の写真などが出てきました。私は当時生まれてもいないのですが、両親の話や以前の決算書などを読み返すと、本当に様々な紆余曲折がありながらも、地域のお客様に支えられたおかげで西荻窪という土地で少しずつ育てられているように思います。これからも会社として成長し続け、お客様により良いサービスが届けられるよう努力致しますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

2.社員数23名について

新卒社員が3名入社し、浜商不動産の歴史の中で過去最高の合計23名になりました。また、宅地建物取引士や賃貸不動産管理士経営、ファイナンシャルプランナーなどの賃貸経営サポートに必要な資格もそれぞれ10名以上が取得するようになり、少しずつですが組織として変化できていsるように感じます。これからの変化の時代に向けて「学習し続ける組織」を目指しており、ゴールとしては「オーナー様に最高の価値を届ける、プロの不動産コンサルタント集団」を創っていきたいと思っています。これからさらに厳しくなる賃貸経営の状況の中で、オーナー様収益/オーナー様資産を最大限サポートできるよう、会社の仕組みと社員のスキルや資格を成長させていこうと思います。