Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

西荻窪ではたらく社長のブログ

「日本一、人を幸せにする会社を創る。」 浜商不動産代表取締役 小浜大忠のブログです。

2015年の振り返り|プライベート

仕事編につづき、プライベート編です。

今年はMBAを卒業したので、自分の時間が多く取れました。一番、時間を費やしたのは「英語」です。いつか世界一周に行きたいのでコツコツ勉強し始めました。スタートはTOEIC380点と絶望的な数字でしたが、なんとか670点までアップ。来年は840点目指して頑張ります。

英語f:id:obamah:20151227153704j:plain

f:id:obamah:20151227154035j:plain

トータルで470時間勉強しました。ただあまりに学習時間の波が激しくて、習慣化できてるとはまだまだ言えません。生活リズムを整えながら、毎日90分やって、年間500時間を目標にやっていこうと思います。

来年6月の試験で840点を取ったら、昔バフェットも受講したという伝説のデール・カーネギー・コースの英語クラスを9月から行ってみたいんですよね。カーネギーの「人を動かす/道は開ける」はずっと枕元に置いてるほど自分にとってはバイブルに近い存在なのですが、悲しいことに10年かけて10回以上繰り返し読んでいても、20%も実践できていません。英語学習も兼ねてこのコースが来年受講できたら最高ですね。

 

読書

今年は300冊くらい本を読みました。

あれこれバタバタしていてもストレスなくできていたので、読書は無意識の習慣化ができているようです。社会人なり立ての頃は仕事のための義務感でいっぱいでしたが、いまはプライベートの娯楽と仕事の実益を兼ねた良い趣味になっています。まあ、マンガや週刊誌の方がこの倍は読んでますが、それはまだ別の機会にしときます。この歳になっても、ジャンプやめられないんですよね。ワンピース面白いし。 

 

さて、話を戻しますね。

今年のテーマは、「投資」、「歴史」、「健康」の3つでした。

 

①投資/バフェット 

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

  • 作者: メアリー・バフェット,デビッド・クラーク,井手正介,中熊靖和
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2002/05/20
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 110回
  • この商品を含むブログ (66件) を見る
 

 たぶん、日本で販売されているバフェットの本はすべて読破したと思います。

「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」、「株で富を築くバフェットの法則」、「成功の名語録」、「バフェットからの手紙」、「1分間バフェット」などAmazonでバフェットと名のつくものはすべて読みました。そのほか師匠であるグレアムの「賢明なる投資家」や相棒のマンガ―の「世界一の投資家バフェットを陰で支えた男」も面白かったです。

投資についてわかったことは、バフェット流(永久保有、複利運用、集中投資)が一番かなと。いくつかある投資スタイルのなかで、今の自分の年齢、性格、資産状況で考えるとこれが合っているような気がしています。

金持ち父さん貧乏父さん的に言えば、今の自分は3つになります。

・S:自営業者(社長)

・B:ビジネスオーナー(株主)

・I:投資家(不動産投資、株式投資)

 

これまでを振り返ってみると、

自己成長の観点だと、S>>>B>I の順で、

お金だけの観点だと、I>>>B>S でした。

 

やっぱり責任とリスクを背負った「経営者」という仕事が、きついけれども自分を一番成長させてくれています。一方で、ほとんどストレスも時間もかからない「投資家」が世の中の仕組み的に儲かるんだな、というのも感じます。

会社経営をやればやるほど自分の未熟さを痛感しますし、感情抜きで効率面だけで考えれば、すべて「投資」に時間を充てた方がよいのですが、やっぱりグロービスだったり、ジョブズが好きだったりの影響で、自分の人生から経営は離れられないんだろうな、なんて思っています。

バークシャー・ハサウェイみたいな、本業と投資を両立させた会社を創りたいものですね。ひとつひとつ頑張ろう。そしていつかは億万長者になって寄付しよう。

 

冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)

冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)

 

最後に。

冒険投資家のロジャースの破天荒な生き方も大好きで、いつか世界一周を行く身としては憧れの的です。欲張りですが、投資スタイルはバフェット&生き方はロジャース、がいまの自分の理想です。

 

②歴史/司馬遼太郎

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)

 

司馬遼太郎=カッコいい!と思ってるので、また読み返しました。やっぱり「竜馬がゆく」は最高ですね。あまりに名言が多すぎて、これを読み返すだけでドキドキします。

「世に生を得るは事を成すにあり」
「旅はするものだ、と思った。世を動かしている仕組がいろいろとわかる。」
「動くぞ。観光丸というのだが、あれ一隻さえあれば、地球上のどこにでもゆけるわい」
「ずっと、坂本様をお慕いして参りました。お嫁にして頂けなければ、死にます」
「おりょう、一生だぜ」 「えっ」 「ついて来いよ」
「生きるも死ぬも、物の一表現にすぎぬ。いちいちかかずらわっておれるものか。人間、事を成すか成さぬかだけを考えておればよいとおれは思うようになった」
「志士とは」とも、竜馬はいった。「すでにその名が冠せられたときに、いのちは無きものとおもっている者のことだ」
「人間、好きな道によって世界を切り拓いてゆく。」

そして、「翔ぶが如く」、「国盗り物語」、「覇王の家」、「太閤記」、「関ヶ原」もまとめて一気読み。一度ハマると止まらなくなるのが司馬遼太郎のこわいところ。

 

③健康/メンタル・筋トレ

30日で人生を変える 「続ける」習慣

30日で人生を変える 「続ける」習慣

 

 

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)

 

 

長友佑都体幹トレーニング20

長友佑都体幹トレーニング20

 

 「習慣が人生をつくる」ということで、メンタルとトレーニングとの見直し。いろいろ合わせて100冊くらい読んだけど、この3冊は特におすすめです。長友の体幹トレーニングはまだやり始めて3日目なので、続けられるよう頑張ります。 笑

 

買ったモノ/行った場所

・フットサルシューズ/7年ぶりに購入、カタチから!

・バランスボール/一目惚れして衝動買いも、ほぼ使ってない、、

・握力計/握力38kgしかないのに急に欲しくなる 、50kg目指す

・白川郷/ずっと行きたかった世界遺産

f:id:obamah:20151227165430j:plain

f:id:obamah:20151227165432j:plain

f:id:obamah:20151227165510j:plain

f:id:obamah:20151227165511j:plain

f:id:obamah:20151227165513j:plain

 

・箱根/初めての犬連れ家族旅行

f:id:obamah:20151227165838j:plain

 

来年も楽しもう!