Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

西荻窪ではたらく社長のブログ

「日本一、人を幸せにする会社を創る。」 浜商不動産代表取締役 小浜大忠のブログです。

第1四半期について

1.第1四半期の来店数について

昨年度と比較して16組増え、3ヶ月累計で300組のお客様にご来店いただくことができました。浜商不動産ではご来店時にアンケートをいただいているのですが、最近は特に自社ホームページがきっかけになることが多くなってきています。現在、SUUMOやathomeなどのポータルサイトへの掲載が乱立しており、西荻窪の掲載物件は一万件、掲載会社数も数百社になります。お客様心理として、「本当にいい物件を紹介してくれる不動産会社はどこか?」、「地元に強い不動産会社はどこか?」をインターネットで調べ、それぞれの会社ホームページを比較し、その上で来店するというフローになっています。浜商不動産では、「お部屋探しの流れ」や「読むと西荻に住みたくなるガイドブック」をホームページに用意し、お客様に少しでも価値を届けることで信頼につながっているように思います。競争の激しい環境ですが、ひとつひとつできることを積み重ねていきます。

2.メンバーの資格取得について

第1四半期は資格取得を推進し、全メンバー合計で20件の資格合格がありました。そして、現時点での全メンバー平均資格数が5.9件になりました。宅建や賃貸不動産経営管理士を始め、ファイナンシャルプランナーやパソコンの資格も取得しています。質、量ともにおそらく数ある不動産会社の中でトップクラスだと思います。また、私が入社した10年前から比較すると3倍近くになる計算です。全員が当たり前のように同時並行でスキルアップや知識習得を進めることで、社内における相乗効果も大きいように思えます。資格さえあれば良いサービスができるとは考えてはいませんが、正しい知識習得とメンバーのレベルアップは必ずサービス向上につながると信じています。お客様に最高の価値を届けるために、これからも学習し続ける文化を全員で創っていきます。

3.2017年内定者懇親会について

新卒採用を始めてから今年で6年目になります。来年も2名のフレッシュな新卒メンバーの入社が決まりました。浜商不動産は決して大きな会社ではないですが、おかげさまで毎年選考倍率は100倍から200倍近くになります。内定者懇親会でエントリー理由を改めて聞くと「選考期間中の会社の雰囲気がとても良かった」、「若手メンバーとの座談会がすごく刺激になった」など働いているメンバーに魅力を感じて、入社の決め手になったケースが多いようです。不動産業はサービス業です。仲介、管理、コンサルといった形の見えないサービスを提供している分、プロフェッショナルとしての自覚、スキル、信頼が大事になってきます。企業文化を創ることは一朝一夕ではできないことは、この10年間で身に染みて実感しています。お客様に選ばれ続ける会社でいるために、変化と挑戦を続けていきたいと思います。