Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

西荻窪ではたらく社長のブログ

「日本一、人を幸せにする会社を創る。」 浜商不動産代表取締役 小浜大忠のブログです。

Brighture留学体験談|毎週90時間の英語集中学習! セブ留学版「精神と時の部屋」

f:id:obamah:20170309093344j:plain

フィリピンのセブにあるBrightureという英語スクールに4週間留学してきました。メンバーのおかげで、短期留学を最大限楽しむことができました。ありがとうございます。BrightureはまるでGLOBIS MBAのような文化で、本気度が高い社会人や学生が集まり、とても刺激ある日々でした。毎週90時間ちかく英語を学び、私にとってセブ留学版「精神と時の部屋」になりました。その他にも学んだことやビジネスの発見も多かったので、これから仕事に活かしていきます。

■振り返り

①目的

・バフェットのような投資家兼経営者になること。

・体系的に投資を学ぶために、CFAに合格すること。

・TOEIC900点、TOEFL100点を取得するために、4週間で360時間学習すること。

②結果

・General Evaluationが5から8に上がった。12月に最高評価の15のレベルを目指す。

・英語を好きになった。留学を楽しめた。一番大きな財産。

・”知ってる”から”使える”ようにするための英語学習法を体得できた。

・日常英会話、10分間の英語プレゼンができるようになった。

・ビジネス英語クラスで実務までの距離感をつかめた。

・4週間で360時間学習できた。

・ハードワークの中での生産性を最大化するために、常時リラックス、ベストな睡眠、ネットしない。の習慣がつくれた。

③感想

・学習時間の集中確保と効率的なカリキュラムが、英語初心者の自分にとって大きな成長につながった。

・同じミスを繰り返さない。いちど教わったら次にはできるようにする。教わったことのセルフチェックリストをつくり、できることを増やしていく。

・クラスは体系的なカリキュラムで科目ごとの目的が明確。非常に効率的。1週間コースの生徒も多かったが、満足度は総じて高かった。

・プロフェッショナル集団の講師陣が本気で教えてくれる。スキル、経験、熱意に尊敬。顔を見るだけで教わった内容を思い出す。

・環境は最高。食事も美味しいし、ホテルも清潔。スタッフのサポートに感謝。

・クラスメイトに刺激をもらえた。ミラノの大学進学予定の高校生、NY勤務のエンジニア、東大ベンチャーCEO、グローバル活躍中の一級建築士、アイアンマン完走など尊敬できる人ばかり。

 

最後に。特に感じたことは、「英語ができないとグローバルビジネスはできない」という紛れもない事実と、「英語ができるだけで、グローバルビジネスができるわけではない。」ということです。当たり前といえば当たり前なのですが、海外で活躍するサッカーや野球のプロ選手と同じで、専門スキル、実績、経験が必須で、言語はあくまでコミュニケーションのためのスキルにすぎません。つまり、ビジネスの場でも英語ができることは前提で、専門的な知識、ビジネスでの成功実績、さまざまな逆境を乗り越えた経験が必要になります。

留学を通じて、今後3年間の自分の成長ロードマップを創りました。これからひとつずつクリアしていきたいと思います。楽しみながら挑戦します!